株式会社ユーディージャパン

人材教育・出版・ユニバーサル環境の推進

[ ここから本文 ]

障がい者雇用促進支援

障がい者雇用に関していただくご相談は、雇用から育成、能力開発、受け入れ側の教育など多岐にわたります。
企業全体が障がい特性を理解し障がい者雇用を成功させることは、多様化するお客さまに応じたサービス・商品開発の視点や意識を磨き、業績や社会的な信頼を向上させることにもつながります。
UDジャパンでは「一緒に働く社員の意識変革と理解促進」「障がいを持つ当事者社員の能力開発」という2つの側面から障がい者雇用に関する具体的な支援をご提案させていただいております。
ぜひ一度ご相談ください。

障がい者雇用支援の流れ

  1. お問合せ
  2. お打合せ
  3. 企画書・お見積りご提案
  4. ご検討・すり合せ
  5. 育成システムの開発・実施
  6. 定期的なフォローアップ・ご提案

主な支援方法

研修による人材育成

採用担当者・現場リーダー向け
障がい者雇用の背景を知り、障がいについて理解し、具体的な対応ができるスキルを身に付けるための研修です。

ダイバーシティ・コミュニケーション研修/障がい者育成担当者スキルアップ研修/障がい者雇用をあらためて考える研修/障がいの特性理解とサポート実習研修/逆情報障がい体験研修 等

障がいのある社員向け
すべての研修の中で、“障がいがあるからできない”、ではなく“障がいがあってもできる”、という他責から自責への気づきを促し、スキルの習得、モチベーションアップを図ります。

聴覚障がい者(手話が可能な方)対象コミュニケーション研修/ビジネススキル研修(受講者の階層・レベルに応じて内容を設定します)/自己理解&自己表現研修/ストレスマネジメント研修/自分トリセツ研修 等

【研修例】 過去に実施した講座の詳細はこちらをご覧ください

全社的に行う人材育成

全社員の共通認識としてダイバーシティを理解することで、会社の風土を変えていくトレーニングです。

15分ダイバーシティ・トレーニング
障がい者雇用で生ずる具体的なケースを1年間にわたりグループで学び、コミュニケーションをとりながら解決策を考えることで、障がい者の雇用促進、ダイバーシティ理解のための風土改革を行うことが可能です。

通信教育

さまざまな障がいの特性、会社の支援体制、障がいを持つ社員の指導・育成のポイントなどを、具体的な事例とともにご説明した通信教育をご受講いただきます。

その他

企業様とのご相談により、全く新しい支援を創出いたします。

企業様支援の事例:
マイクロソフト

お問い合わせ

株式会社UDジャパン 障がい者雇用促進支援担当
電話:03-5769-0212
FAX:03-5460-0240
e-mai:info@ud-japan.com